これは外せない!名古屋に着いたら食べるべき地元料理3つ

日本には様々なご当地料理があります。
最近ではご当地グルメとしてB級グルメが押されていることもありますが、
やっぱり外してはいけないのが昔から馴染みのある定番料理。

せっかくその土地に行ったのなら、その土地で長い間愛されている料理を口にするべきだと、私は思うのです。
ここでは、外せない名古屋料理3つについて紹介させていただきます。

1.味噌カツ

名古屋に到着したならまずはこれ!サクサクのカツに甘辛い味噌だれ。
そこに合わさる白米とお味噌汁。もう想像するだけで口の中に味噌カツを掻き込みたくなります。
お店で有名なのはやはり『矢場とん』ですが、こちらの味噌カツは本当に絶品です。

一番人気の『わらじかつ定食』は見た目の満足感もさることながら、お腹に入れた時の満足感も最高です。
もちろん『矢場とん』以外のお店も絶品揃いですので、名古屋に着いたらまずは味噌カツで体の中も名古屋に染めてしまいましょう。

2.ひつまぶし

次に名古屋を一回りして、今のシーズンなら夕飯にひつまぶしがオススメです。
ひつまぶしは一度の膳で三種類の味を楽しめる贅沢な料理です。
まずはお茶碗に鰻を乗せて、鰻丼風にいただきます。

次もまた鰻を乗せて食べるのですが、今度はさっきとは違い薬味を乗せていただきます。
最初とは違って薬味のさっぱり加減なんかもあって違う味になってとても楽しめます。
ここまででも贅沢なのに、さらに最後は鰻を乗せたお茶漬け風にして頂きます。

そんなにご飯を食べるの!?って思う方もいかもしれませんが、お茶漬けだからすっとお腹に入ってくれるんです。
こんな風に鰻を一度の食事で三種類の味わいを楽しめるなんて、とっても贅沢だと思いませんか?
最近では土用の丑の日に鰻を食べた方が多いと思いますが、それ以外のタイミングに食べる鰻もいいものですよ。

3.ういろう

がっつりと食べた後は、デザートを食べたいものです。そこもせっかくなら名古屋で締めましょう。
ここで紹介するのは『ういろう』です。
お芝居なんかをやっている人は外郎売りでおなじみのお菓子かもしれません。
もっちりとした食感をした名古屋の銘菓で味噌カツ、ひつまぶしと食べた胃には重いものはちょっと辛い……なんて方でも安心して召しあがれるお菓子となっています。

せっかく名古屋に来たなら、夜中に滞在する宿なんかでひとつ頂きながらほっこりとしたひと時を過ごすという方法もオススメです。

名古屋に着いた時からその日の夜まで、私なりにオススメの3つをご紹介させていただきましたがいかがでしょうか。

できればもっとたくさんのお店を紹介しながら、色々とご紹介したかったのですが、旅の醍醐味の一つに『お店を探す』ということもあると思い、具体的なお店は『矢場とん』以外は控えさせていただきました。(『矢場とん』だけは、どうしたってオススメしちゃうくらい美味しいんです)

ぜひ、名古屋に行く際はご当地料理を楽しんで、何を食べるか決めたらそのお店を探すところからやってみてください。きっと、旅の楽しみがグルメガイドブックのオススメのお店だけに行くより何十倍も膨れ上がると思いますよ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ