名古屋の脱毛エステサロンやクリニックなどの美容に関する情報

愛知県民や名古屋市内にお住いの女性のための、おすすめ脱毛エステサロンや美容クリニック情報をご紹介します。

名古屋といえば名駅や栄。名駅周辺や栄にはたくさんの美容院やエステサロンがあります。
そしてムダ毛の処理をしてくれる脱毛エステサロンや、美容クリニックも数多く存在します。

女性にとってムダ毛の処理は今や必須。
脇や腕、足はもちろん、顔の産毛などはもちろん、デリケートゾーン周辺のVIOラインとよばれる箇所までムダ毛処理をおこなう方まで。、

毛抜きやカミソリなど使用して、ムダ毛処理は自分でおこなう女性もいますが、お肌を傷つけて肌荒れや黒ずみの原因にもなるので、自己処理はおすすめできません。

ムダ毛の処理をするならば、お肌を痛める自己処理よりも脱毛の専門家にお願いすることが一番のおすすめ。

背中やVIOラインなど自分で脱毛しにくい箇所も専門家に任せればキレイにムラなく脱毛できますし、お肌を痛めることもありません。

痛めないどころか、保湿ケアなど脱毛後のお肌のアフターケアで美しい肌を手に入れることができるのです。

2種類の脱毛施術方法

脱毛をするなら大きく分けて2種類の選択肢があります。
まずは、脱毛エステサロン、そして医療クリニックとなります。

医療クリニックは、美容クリニックともよばれることがあり、医療の免許をもったお店のみが施術できます。

では具体的に脱毛エステサロンと医療クリニックには何が違うのか?
それは、施術方法になります。

脱毛エステサロンでは、フラッシュ脱毛とよばれる毛に光をあてる施術。
医療クリニックは、レーザー脱毛で毛根を破壊する施術となります。

フラッシュ脱毛はレーザー脱毛と比べて、脱毛効果は低いですが、痛みが少なく料金が安いというメリットがあります。しかし、フラッシュ脱毛の効果は個人差はありますが、かなりムダ毛を排除することができ、後々のお手入れも格段に楽になります。

レーザー脱毛は、痛みが強く施術料金が高くなりますが、脱毛効果が高く永久脱毛のような効果を得ることができるのです。短期間で、確実に脱毛したい方に向いています。

どちらもメリット・デメリットがありますが、ご自身が望む脱毛効果や料金を考慮して選ぶことが大切です。

脱毛サロンや医療クリニックを選ぶ際のポイント

脱毛する際に、脇だけ脱毛するのか、全身を脱毛するのかまずは考えなければなりません。
全身脱毛を考えているならば、脇からVIOからと個別に施術するよりも全身脱毛コースのプランで施術する方が、総合的に料金が安くなるのでおすすめです。

また、仕事帰りや学校帰りに寄れるお店、自宅からすぐに通えるお店など通いやすいサロンやクリニックを選びましょう。

脱毛エステサロンにしろ医療クリニックにしろ、脱毛するなら何度もお店に通う必要があるので通うことが億劫にならない為です。

あとは、そのお店がやっている口コミをサイトで確認したり、キャンペーン情報などを参考にしましょう。

名古屋で脱毛するなら名駅が栄

名古屋で脱毛しようとすると、名駅が栄に脱毛エステサロンや医療クリニックが集中しています。名古屋市以外の愛知県では、それほど多くはありませんが探せは小規模サロンや個人クリニックはあります。

名駅や栄には、数多くの脱毛サロンや医療クリニックがあるので迷う方も多いのではないでしょうか。そんな時には、名古屋に特化した脱毛サロンを紹介しているサイトを参考することをおすすめします。参考:全身脱毛名古屋ランキング | 名古屋おすすめ脱毛サロン

名古屋に特化したサロンやクリニックを紹介しているので、名駅や栄の具体的な住所や、ビルの名前なども確認できますで、ご自身が通いやすいお店をチョイスすることができます。

また、その地方によって脱毛サロンや医療クリニックの特色というものが若干違ってきますので、特化されたサイトを確認する必要があるのです。

ご自身に合ったよいサロンやクリニックを選んで、素敵なお肌に生まれ変わりましょう。

親子で楽しむ名古屋のお出かけスポット

名古屋にはファミリーで楽しめるお出かけスポットがたくさんあります。
特徴はどこも車で行けることです。小さな子供がいると何かと荷物が多くなりますが、車なら安心、レジャーシートやアウトドアグッズを積んで遊びに行けます。

モリコロパーク

愛知万博の会場となった大きな公園です。
園内は様々な施設があり、巨大な芝生広場でバドミントンしたり、お弁当を広げてピクニックができます。

レンタル自転車で森の中を走るサイクリングコースがあり、アップダウンがあってなかなかハードですが、森の中を家族で走る爽快感はいいですよ。コース途中で下車すれば「となりのトトロ」でおなじみ「サツキとメイの家」を見学することができます。

またスポーツするならスケートリンクや室内プールがあります。一番のお勧めは夏の水遊びです。山に沿って並ぶアスレチックで遊びながら降りて行けば大きな水遊び場が広がっています。浅いので小さな子供でも安心ですし、人力で動かす水車のような遊具やちょっとしたしかけがあって面白いです。

水遊び場の横にはさらに小山があり、そこは巨大な滑り台があって大人気です。高台なのでスリルがあって小学生には絶好の遊び場です。水場のそばには移動式のファーストフード店があ店を出すのでリゾート気分も味わえます。

そのほか大きな観覧車も魅力ですし、レストランやファーストフードもあるのでふらっと立ち寄っても便利です。またモリコロパークの周りはおしゃれな街があり、美味しいパン屋さんなどファミリーに魅力のお店が点在しています。

名古屋港水族館

名古屋港にある名古屋港水族館はイルカのショーが有名です。
ダイナミックな動きで水槽から水しぶきをあげ客席を沸かせています。南館と北館にわかれていて様々な水族に出会えます。イルカやシャチ、ペンギンなど大型のものが多いですが、近海に住む小さな魚も数多く展示されていて大人から子供までたのしめます。

また実際に生物に触れることのできるコーナーがあって子供たちに大人気です。水族館の裏手にはシートレインランドという遊園地があり、たくさんのアトラクションで遊ぶことができます。絶叫マシーンで大騒ぎしても楽しいですね。

東山動植物園

最近人気のゴリラ シャバーニに会えます。噂通りの男前で涼しいまなざしで女性客のハートをがっちりつかんでいます。キリンはキリンの目線からの観覧、ライオンの食事タイム、白クマのダイブ、ふれあい動物園ではヤギに餌をあげたり、ウサギを抱っこさせてくれます。

名古屋にはそのほか、いかだにのれる戸田川子供ランド、乗馬や菜の花巨大迷路が楽しめる愛知朴牧場、、ちなみにソフトクリームが絶品です。

巨大なプラネタリウムのある名古屋市科学館、少し郊外の刈谷ハイウェーオアシスなどたくさんのお出かけスポットがあり、子育て世代に魅力的な街です。

名古屋で夜遊びを行なうならこの場所

名古屋は愛知県の県庁所在地です。
大変多くの方がこの街で楽しんで自分の生活を行っています。大変多くの方がここで過ごす時間を楽しんでいます。

製造業中心の街の為、経済的にも大変安定しているので、誰でも仕事やプライペートの双方をバランス良く楽しんでいく事が可能となるのです。

音楽的にも大変成熟した街ですので、名古屋には昔から個性的なクラブが大変多く存在しており、多くの方を満足させています。
週末のみならず、平日にも多くのお客で賑わっている個性的な箱が多く存在しています。

楽しい週末の夜を彩るにはこのような個性的な箱で思う存分パーティーライフを満喫していく事が大変重要な事となるのです。
最近ではパソコンやスマートフォンの急激な進化で、多くの方が身近に音楽に触れる機会が大変多くなっています。
自分の好きな音楽を楽しんでいく事でより楽しい時間をクオリティの高いオシャレな音楽で楽しんでいく事が可能となるのです。

普段からいかにして自分らしい音楽を探していくかは大変重要な事となります。
名古屋にもこのような良質の音楽を楽しんでいける大変素敵なお店が沢山あるので、実際名古屋に住んでいる方や観光などで名古屋を訪れる方は是非、このようなスポットを訪問する事で素敵な時間を過ごす事を考えてはいかがでしょうか。

名古屋は街の中心部が名古屋駅周辺と栄の2つに大きく大別されます。
特に後者の栄はファッションやグルメ等の用途には大変便利で使いやすい街です。

多くの歓楽街もそこに存在していますので、週末等は、大変多くの若者が朝まで遊んでいます。
名古屋で有名なクラブといえばまずはiD cafeが浮かんできます。

知名度で言えば全国クラスですので、その点からしても名古屋で遊んだ事のある方なら一度は楽しんで遊んだ事があるのではないでしょうか。

またこのエリアは地元の方には通称住吉エリアと呼ばれています。
ここには最近ではVANILAやIBIZAと呼ばれる箱もあります。

この2つは朝まで開いている場合が多いので週末平日を問わず大変な盛況を誇っています。
また最近では名古屋のドン・キホーテが入っているビルにあるORCAや系列店であるSANGOにも多くの方が来店しています。

好景気共相まって名古屋のクラブには大変多くのお客さんが来店しています。
熱気溢れる名古屋の街を堪能していく事でより多くの楽しみをそこで満喫していく事が可能となります。
是非、自分らしい週末を存分に楽しんでいく事を考えてはいかがでしょうか。

夜遊びを楽しみたい女性にとって、まずやっておきたいのが女子力アップ。その為にはこちらの記事も参考に:名古屋の脱毛エステサロンやクリニックなどの美容に関する情報

名古屋の喫茶店はディープです

名古屋と言えば喫茶店が有名です。
特にモーニングが充実していて、モーニングブッフェなるものも登場しています。
数年前からスターバックスやドトールコーヒーなどお手軽でおしゃれなカフェも進出していますが、
名古屋の喫茶店は一味も二味も違うディープな世界、地域の社交場でもあるのです。
特に名古屋らしい老舗をいくつか紹介します。

コメダ珈琲

最近は首都圏にも進出し、株式公開など成長を続けるコメダ珈琲ですが、最初はお店で焼いた美味しいパンとコーヒーを飲める普通の喫茶店でした。

店内は木目調の清潔で温かみのある内装、赤い布素材の椅子や隣のブースとのしきりが高めでプライバシーが守られる感じが落ち着けて良いです。

コーヒーは独特の苦みがあって、昔から変わりません。
裏切らないいつもの味が常連さんには魅力でしょう。

コーヒー以外にサマージュースやミックスジュースが人気です。
特区長はふたのついた球体の容器に入ってくること、ふたを開けるワクワク感が子供心にはたまらないです。ソーダ水はブーツ型のグラスで登場します。古いけれどなんかワクワクする、そんなメニューがコメダにはあります。

食べ物はパンメニューがほとんどですが、パン自体がとても美味しいので何を食べても味、ボリューム共に大満足です。
そして有名なのがシロノワール、リング型の温かいデニッシュパンにソフトクリームとメイプルシロップでいただきます。
少し大きめサイズなので友達や家族とシェアして食べるのが楽しいです。

コンパル

創業は戦後まもなくです。コンパルとカタカナで書きますが、ルーツは中国語の「金春」です。
ここのコーヒーもかなり濃い目で香りが良いです。名物はエビフライサンド。

ザ・名古屋めしといったところでしょうか。小さめのサクサクエビフライがぎっしりサンドされていて美味しいです。
お持ち帰りもできますがコーヒーとも相性がよく、ランチの定番です。

またウェーターが昔ながらの黒いベストを着ているのがなんとも昭和でいい感じです。
名古屋駅の地下街にも店舗があるので、遠方から名古屋に来た方はぜひ行ってみてください。

ミッドランドスクエアのスカイプロムナード

・名古屋駅から徒歩1分のミッドランドスクエア

名古屋駅前に建っているミッドランドスクエアには、「スカイプロムナード」と呼ばれる屋外型の展望施設があります。
名古屋駅東側の桜通口または広小路口から徒歩1分の位置にある超高層ビルです。
ミッドランドスクエアが完成したのは2006年のことでしたが、まだ完成したばかりのようなイメージが保たれています。

オフィスにはトヨタ自動車をはじめとして日本の名だたる企業が入居し、商業施設にはファッション、生活、インテリア、フードなど多様な店舗が入っています。
スカイプロムナードを見に行くのと同時に商業施設のほうでも楽しみがあります。

・地上220メートルの360度展望エリア

スカイプロムナードの展望施設は、ミッドランドスクエアオフィス棟の44~46階に位置し、事実上は屋上と言っても過言ではない場所です。

空からの風を受けながら、名古屋市内の360度の景観を楽しむことができる場所になっています。
昼間に訪れるのと、夜間に訪れるのではまったく印象が異なることでしょう。

ガラスの向こう側には、どこまでも広がる濃尾平野と、南方に見える伊勢湾、そして名古屋駅前に立ち並ぶ高層ビル群、名古屋城の姿など、名古屋を中心とした様々な見どころがあります。

44階には遠くまで見える双眼鏡が設置されています。
夜になると名古屋の広大な夜景が目の前に広がって、他では得られない絶好のデートスポットになります。

・ライトアップされた空間

スカイプロムナードの入口は、オフィス棟42階にあります。
1階、または地下1階から、シースルーダブルデッキ・シャトルエレベーターによって、42階まで到達することができます。
このエレベーターは2階建て構造になっている珍しいエレベーターです。

チケットロビーは半円状のトンネルの形状になっていて、ライトアップされて不思議な印象が残る場所です。
一番奥に向かうと、スカイプロムナードの入場券の券売機が置かれています。

ここで入場券を購入してからいよいよスカイプロムナードへと入りましょう。
施設内は夜間になるとブルーの光によってライトアップされ、コアウォールと呼ばれる壁の光の模様や、
定期的に噴射される霧が、幻想的な場面を演出してくれます。

こうした演出が、スカイプロムナードには夜間に訪れるべき理由になっています。
また、壁面には有益な展示があったり、ミッドランドスクエアの模型も展示されています。
外の景色はもちろん、合わせて施設の全てに目を通してみてください。

子供連れにオススメ名古屋の遊び場

私は、名古屋に在住の30歳サラリーマン男性です。
5年前に結婚し、4歳の娘と2歳の息子がいます。休日になると遊びに連れて行けとうるさい毎日です。

毎日近所の公園というわけにはいかないので毎週週末にどこに連れて行こうかは悩みの種です。きっと同じ悩みの方が多いと思いますので子連れで楽しめる名古屋のスポットを紹介したいと思います。

まずはトヨタ博物館です。

愛知県と言えばトヨタ自動車は切っても切れない関係です。そのトヨタ自動車の歴史や自動車の仕組みがわかる博物館です。

昔の自動車が展示されていたり、自動車がどのように作られているのかを実際に見て楽しめる施設になっているのでお父さん世代はかなり楽しめる施設です。

昔の自動車のクラクションを鳴らしたり、ハンドルを回したりできるところもある為、男の子も喜ぶ要素が詰まっています。

また、室内のアスレチックや科学を使ったアトラクションがある場所があり小さな子供も楽しめること間違いなしです。

次にオススメは、とだがわ子供ランドです。

港区にある、公共の施設なのですがアスレチックやゴーカートなどの乗り物、今からの時期に嬉しい水場などがあります。敷地はかなり広く、一日中いても飽きることなく楽しめる公園です。

基本的には無料で遊べるものばかりなのでお財布にも優しいです。さらに、子供が遊ぶだけではなく、バーベキューをするスペースもある為、家族で1日過ごせる場所です。

3つ目は、名古屋港水族館です。

下手な観光地ですが、市内に住んでいても1年に一度は足を運びたくなる場所です。水族館の定番のイルカなどのショーはもちろん毎日開催してますし、他にも名古屋港水族館特有のイベントも魅力です。

私はやはり、マイワシのトルネードが好きです。さらに、夏休み期間中は、ナイトアクアリウムが開催されており普段見ることのできない夜の水族館を体験することができます。

最後はやはり東山動物園です。
常に人気の動物園ですが、最近は特にイケメンすぎるゴリラが話題です。

敷地もかなり広いため、様々な動物を見ることができます。入場料も500円と安い為、お財布にも優しい施設の代表です。

さらに今の時期は水族館と同様、ナイトズーが開催されるので、夏休み時期の子供たちはいつもと違う経験ができるチャンスです。

これ以外でも名古屋には子供と一緒に楽しめる施設がたくさんあります。

特に無料で過ごせる公園は広くて遊具がたくさんあるところが多いため、各公園を回るだけでも楽しめると思います。

これは外せない!名古屋に着いたら食べるべき地元料理3つ

日本には様々なご当地料理があります。
最近ではご当地グルメとしてB級グルメが押されていることもありますが、
やっぱり外してはいけないのが昔から馴染みのある定番料理。

せっかくその土地に行ったのなら、その土地で長い間愛されている料理を口にするべきだと、私は思うのです。
ここでは、外せない名古屋料理3つについて紹介させていただきます。

1.味噌カツ

名古屋に到着したならまずはこれ!サクサクのカツに甘辛い味噌だれ。
そこに合わさる白米とお味噌汁。もう想像するだけで口の中に味噌カツを掻き込みたくなります。
お店で有名なのはやはり『矢場とん』ですが、こちらの味噌カツは本当に絶品です。

一番人気の『わらじかつ定食』は見た目の満足感もさることながら、お腹に入れた時の満足感も最高です。
もちろん『矢場とん』以外のお店も絶品揃いですので、名古屋に着いたらまずは味噌カツで体の中も名古屋に染めてしまいましょう。

2.ひつまぶし

次に名古屋を一回りして、今のシーズンなら夕飯にひつまぶしがオススメです。
ひつまぶしは一度の膳で三種類の味を楽しめる贅沢な料理です。
まずはお茶碗に鰻を乗せて、鰻丼風にいただきます。

次もまた鰻を乗せて食べるのですが、今度はさっきとは違い薬味を乗せていただきます。
最初とは違って薬味のさっぱり加減なんかもあって違う味になってとても楽しめます。
ここまででも贅沢なのに、さらに最後は鰻を乗せたお茶漬け風にして頂きます。

そんなにご飯を食べるの!?って思う方もいかもしれませんが、お茶漬けだからすっとお腹に入ってくれるんです。
こんな風に鰻を一度の食事で三種類の味わいを楽しめるなんて、とっても贅沢だと思いませんか?
最近では土用の丑の日に鰻を食べた方が多いと思いますが、それ以外のタイミングに食べる鰻もいいものですよ。

3.ういろう

がっつりと食べた後は、デザートを食べたいものです。そこもせっかくなら名古屋で締めましょう。
ここで紹介するのは『ういろう』です。
お芝居なんかをやっている人は外郎売りでおなじみのお菓子かもしれません。
もっちりとした食感をした名古屋の銘菓で味噌カツ、ひつまぶしと食べた胃には重いものはちょっと辛い……なんて方でも安心して召しあがれるお菓子となっています。

せっかく名古屋に来たなら、夜中に滞在する宿なんかでひとつ頂きながらほっこりとしたひと時を過ごすという方法もオススメです。

名古屋に着いた時からその日の夜まで、私なりにオススメの3つをご紹介させていただきましたがいかがでしょうか。

できればもっとたくさんのお店を紹介しながら、色々とご紹介したかったのですが、旅の醍醐味の一つに『お店を探す』ということもあると思い、具体的なお店は『矢場とん』以外は控えさせていただきました。(『矢場とん』だけは、どうしたってオススメしちゃうくらい美味しいんです)

ぜひ、名古屋に行く際はご当地料理を楽しんで、何を食べるか決めたらそのお店を探すところからやってみてください。きっと、旅の楽しみがグルメガイドブックのオススメのお店だけに行くより何十倍も膨れ上がると思いますよ。

名古屋の下町を味わいたいなら是非、大須エリアを散策しましょう

名古屋には大変多くのエリアが存在しています。
地区によってその目的やイメージが大きく異るのがこのエリアの特徴ですので、是非、自分らしいエリアを事前に住環境や観光に活かしていく事を考えていきましょう。

素敵な人生をいかにして楽しんでいけるかどうかは、自分のお気に入りのスポットに済む事です。
最近では近代的な街よりも少し趣のある街に住む方が大変多くなっています。素敵な街を選んで自分らしく住んでいく事は大変重要な事です。

名古屋市中心部にある大須や上前津な昔から多くの方が住んでいる大変素敵な商店街です。このような街を楽しんでいく事でより素敵な時間を自分で探していく事ができます。

大須は昔ながらの商店街や若者向けのファッションが大変多く揃っているので、週末は地元の若い子達でごった返しています。

生活に必要な食料品等が安価に販売されているスーパーも大変多くありますので、その中自分らしいお店を選んで素敵なショッピングを行っていく事ができます。

このエリアを制する事で名古屋のサブカルチャーを制する事ができます。
観光や散策の際には地元商店街が頒布を行っているMAPを有効に活用する事をおすすめします。

このエリアは大変道が入り組んでおり、また大小多くの似たようなお店があるので、歩き慣れていないとあっという間に迷子になる可能性があります。MAP片手に素敵なお店を散策していく事でより素敵な時間を過ごす事が可能となるのです。

名古屋を代表するグルメスポットや名古屋グルメの代表的なお店もどありますし、周辺の栄や名駅に比べて物価も大変安いのが特徴ですので、自分らしい人生をいかにして楽しんでいくには最適な環境が整っています。

名古屋は商圏としての意味を持つ場所が限らえています。栄等の中心街からは殆どが徒歩か自転車で行動可能な範疇ですので、誰でも自分のお気に入りの場所を比較的簡単に見つける事が可能となるのです。

大須エリアも近隣の栄の観光やショッピングのついでに訪れる事が十分に可能なエリアですので、自分の観光のついでにこのようなスポットを散策する事で普段とは大きく異る楽しみを存分に味わっていく事が十分に可能となるのです。

素敵な自分らしい街歩きをいかにして楽しんでいくにはこのようなレトロな雰囲気のある街を観光すると普段着の名古屋を楽しんでいけるのです。

普段から自分らしい人生を楽しんでいく事で新たな名古屋の魅力を発見していきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ